2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

安全運転講習会を開催しました。

このほど手前どものお取引先である運送会社様で、安全運転講習会を開催させていただきました。


運送会社に限らず、様々な職域でご活用いただいておりますので、お気軽にお申し付けください。

今回はMS&ADインターリスク総研株式会社の松谷慎一郎氏を講師にお迎えし、約40名の社員の方々に受講いただきました。

ドラレコ映像を観て「どんな運転を心がけたら事故が防げたか!」など、約一時間にわたりお話を賜りました。
IMG_6533

岩谷橋の架け替え工事で交通規制されるそうです

先ごろ、工事業者さんが交通規制のチラシをお届けくださいました。

岩谷橋(岩手県二戸市)の架け替え工事のため、12月まで片側交互通行にするので、事務所の前の道路は当分のあいだ渋滞が予想されます。
ご来店のお客様にはご迷惑をおかけすることになりますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。
尚、お電話などいただければご来店いただかなくても済む場合がございますのでお気軽にご一報いただければ幸いです。
【以下はその案内チラシ】
Photo_3

平成30年7月豪雨に関するボランティア保険について

平成30年7月豪雨で被害に遭われた皆様やご遺族の皆様に対し、心よりお悔やみとお
見舞いを申し上げます。

さて被災地へのボランティアのことがマスコミで報じられております。
ボランティアの受け入れに際し、「ボランティア保険の加入」を要件に受け入れる場合が多いようですが、現場が混乱していることもあり、事前に各社会福祉協議会で加入手続きを済ませて欲しいとの声も聞かれます。

社会福祉協議会で加入する場合、保険料は500円(天災・Aタイプ、3月末日まで有効)となっています。


社会福祉協議会に出向く時間がないという方には、弊社の「1DAYレジャー保険」をお奨めします。
名前こそレジャーとなっておりますが、正式名称「24時間単位型総合生活補償保険」で
日本国内でのあらゆるケガが補償(死亡保険金・入院時一時保険金など)されます。

契約はスマホで行い翌月の電話料金と一緒に支払う仕組みで、社会福祉協議会に出向く時間がない場合はどうぞご活用ください。


※パソコンやタブレットからご覧の方は以下QRコードをスマホで読み込んでお手続き
ください。
1dayqr

※スマホの方は以下URLをタップしてお手続きください。


1dayleisurebig1

最近の趣味について

Img_5170

今日は最近の私の趣味について書きます。
というより最近はブログの書き込みもめっきり少なくなりました。
理由は書く時間がないからです。
かといって仕事以外の余暇時間が全くないわけではなく、最近はDIY資格取得に勤しんでおりますので、今日はDIYについて書こうと思います。
写真の作品は、昨年作った花台です。
ちなみに花は妻の作品です。
最近はネットにもDIY情報が多く、中には設計図まで載っている場合もあります。
それらを参考にしたりホームセンターに出かけ売っている商品を参考に作っています。
本来は不器用なのですが、道具や材料がちゃんとしていればそれなりのものが作れます。
実は昨日ひさしぶりに道具を広げ、廃材を利用してプランターを作ったのですが出来が良くありませんでした。
いつか改良して載せられる雰囲気なら載せたいと思います。
それより何より云いたかったことは、「今日は体の節々が非常に痛いです!」。


日頃全く運動をしないので、丸一日DIYで立ったりしゃがんだり腰をかがめたりしながら作業をしていると翌日は決まって筋肉痛です。
これからの季節、週末はDIY予定なので次第になれることと思いますが、果たして・・・

読書記録「騎士団長殺し」

独特な印象を放つ免色が登場し、その風変わりな名前から前作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を思い出しながら読み進む。
そのうちイデアやメタファーが登場すると流れがつかみ切れなくなった。
しかし本当の最後に色んなことを思う(人生を振り返えされられる)ことができた。
それは人間は皆、未完成であること。
人は誰でも秘密めいた持ちモノによりバランスをとりながら人間関係を保っていること。
そして恩寵のこと。
まぁ色々私の人生を思う(反省)機会ができたような気がした。
また読み終えた直後は柳田國男の遠野物語を連想してしまった。
遠野物語には明治三陸大津波で犠牲になった方に関連するシーンがある。また座敷わらしのお話もある。
これらが騎士団長殺しの最後の最後に触れられる東日本大震災のところから連想されたのだと思う。

あらためて「謙虚に生きていこう!」と思うことができた作品である。
私たちは未完成であるからこそ尚更そう思う。

«和蔵山(三段目)の戦績グラフを作ってみました。

ブログパーツ

  • Twitter
  • ブクログ
    本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
フォト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ